書籍案内

“高齢者漢方医学”の決定版! 「実際の処方の仕方」がすぐに役立つ!
高齢患者のQOLの維持を目指し,高齢患者に対する「病名漢方」の間違いを正す。
明日から使える高齢者のための漢方

明日から使える高齢者のための漢方

<序>

1)薬(向精神薬)浸けになっていたAさんの話
Aさんは70歳代後半の男性である。2年前,突然の意識消失により某救急病院へ入院し,脳梗塞と診断された。1年ほど前から被帽感を訴え,近医を受診していたが,症状が改善しないためいくつかの病院を受診し,初診時までに8種類の薬剤(内訳は,降圧薬1,抗うつ薬1,抗不安薬6)を処方されていた。数か月前より,被帽感に加え,抑うつ気分,見当識障害(痴呆症状と思われていた)などが出現し,初診時には,1日中室内にこもり,日付や孫の顔も認識不能の状態であった。著者が診察したさいの本人の主訴は被帽感,家人の主訴は見当識障害であった。
被帽感と抑うつ気分の治療を目標に,ツムラ釣藤散エキス顆粒7.5g/日を分3にて開始した。また,痴呆症状は向精神薬の副作用である過鎮静による偽痴呆状態と考え,6種類の抗不安薬(エチゾラム,トフィソパムなど)と抗うつ薬(マレイン酸セチプチリン)を1種類ずつ徐々に減量,中止していった。向精神薬は徐々に減量する予定であったが,家人が勝手に減らしてしまったため,2か月後には釣藤散と降圧薬(塩酸ニカルジピン)のみにまで減量できた(なお,抗不安薬の中止による離脱症状は出現しなかった)。釣藤散を開始して3か月後には,被帽感もほとんど気にならなくなり,日付や孫の顔も認識可能となった。治療後1年以上になるが,症状の再発などはみられていない。

2)思わぬ副作用に驚いたBさんの家族の話
Bさんはやせ型で精気のない80歳代前半の女性である。多年にわたり,不安症状を主訴に某病院の精神科に通院中であったが,あるときより著者が診察することとなった(著者はこの某病院では精神科を担当している)。抗不安薬(オキサゾラム)と抗うつ薬(マレイン酸セチプチリン)による治療がなされていたが,しきりに咽喉頭部異物感(喉のつかえ)と呼吸困難感(息苦しさ)を訴えていた。内科学的に呼吸器系には異常が認められなかった(Bさんはこの主訴により何度も内科や耳鼻咽喉科の外来を訪れていた)ため,ツムラ半夏厚朴湯エキス顆粒7.5 g/日を分3にて開始しようとして,説明をはじめたところ,同行の家人が「漢方薬だけはやめてくれ」という。そこで事情を聞いたところ,以前,感冒のさいに,近医にマル1という漢方薬(葛根湯のこと)をもらって飲んだところ,興奮状態となり,幻覚(?)も出現したという。ですから,漢方薬だけは飲ませたくないという。そこで,漢方薬と一口にいっても,高齢者に用いても良いものと悪いものがあること,葛根湯は本来はBさんのような虚弱な高齢者に用いてはならないものであったのに用いたためにその副作用が現れただけであること,半夏厚朴湯はBさんのような症状をもつ患者さんに効果的であることなどを長時間かけて説明したところ,しぶしぶながら服用してもらえることとなった。
咽喉頭部異物感と呼吸困難感は半夏厚朴湯の服用後まもなく軽快し,漢方薬に関するBさんとその家族の誤解は何とか解くことができた。

3)“病名漢方”で処方する医師たち
上記Bさんのかかりつけ医は,感冒→総合感冒薬という現代西洋医学的感覚で,感冒→葛根湯と考えて葛根湯を処方したと思われる。大学病院で漢方薬を専門に処方する職についているとわかることであるが,この感覚で漢方薬を処方する医師はまことに多い。
漢方医学の理論をまったく無視し,現代西洋医学的な病名に対応させて漢方薬を処方することを“病名漢方”と称するが,現代のわが国の医療現場ではこの“病名漢方”に遭遇する機会がすこぶる多い。 少し例をあげただけでも,肝炎→小柴胡湯,便秘→大黄甘草湯,アレルギー性鼻炎→小青竜湯,向精神薬による口渇→白虎加人参湯,眼科疾患→柴苓湯などときりがない。
ところで,この“病名漢方”というのもまったくもって悪いというわけではない。中程度以上の体力をもつ若年者であれば,上記の“病名漢方”により副作用をおこすことなしにかなり良い治療成績をあげるであろう。しかし,病院を訪れなければならないであろう高齢者に関しては違う。
本書を読み進めていけば理解できることと思うが,高齢者に,身体を冷やしたり乾燥させたりする効果をもつ柴胡,大黄,麻黄,石膏などの生薬を多く含む,葛根湯,小柴胡湯,大黄甘草湯,小青竜湯,白虎加人参湯,柴苓湯などを服用させると,効果が期待できるどころか,逆に胃腸障害,冷え,腹痛などに悩まされるであろう。上記Bさんのように,幻覚(?)症状が出現するかもしれない(これは嘘ではない。なぜなら,葛根湯の構成生薬の1つの麻黄の主成分はエフェドリンであり,興奮状態を呈することがある)。
では,高齢者には漢方薬は用いるべきではないのか?
答えはNOである。Aさんの例をあげるまでもなく,高齢者には現代西洋医学の薬剤よりもむしろ漢方薬のほうがよいことが多い。要は使い方の問題である。漢方薬というとたいして効果も副作用もないと甘く考えている医師は多いと思われるが,これは大きな間違いである。現に前出のBさんのようなこともありうる。高血圧であっても徐脈傾向の患者には,β遮断薬を処方しないという常識は医師であれば誰でももっているが,同様の常識を漢方薬を処方するときにももつべきである。
“病名漢方”をする医師たちは決まって「だって,慢性肝炎っていったら小柴胡湯でしょ…」などと言う。そして,このような医師に限って,副作用を(自ら)おこしたさいに,自らの否を認めずに漢方薬に責任を転嫁し,漢方薬の悪口を言うという言語道断の所業をすることが多い。
このような愚行をおかさないためにも,漢方薬を処方する前には漢方医学の常識を知っていてほしい。本書では,前半では高齢者に漢方薬を処方するための“常識”を説明し,後半では“実際の処方の仕方”を説明する。

4)本書を執筆しようと思った理由
著者が本書を執筆しようと思った理由は2つある。
1つ目は,漢方薬をほぼ専門に処方している著者が,とくにAさんのような高齢者においては,強い副作用を呈することなしに患者のQOL(Quolity of Life)を維持することができるという,おそらく今後21世紀の医療従事者にとっての(そして患者や家族にとっても)最大の喜びを知ることができたということを,読者の皆様にも同様に味わっていただくためである。Aさんの例のように,脳血管障害後の頭重感や被帽感は不定愁訴ととられることが多く,抗不安薬や抗うつ薬が必要以上に投与されることがある。しかし,これらの向精神薬は,とくに高齢者においては強い副作用(本症例では過鎮静)を呈することが多い。単純に比較はできないが,患者のQOLの側面から言えば,Aさんにおいては釣藤散は7種類の向精神薬にまさっていたといえよう。
2つ目は,Bさんのような被害者を極力少なくしようと思っているためである。その元凶が,漢方医学の理論を無視した“病名漢方”であることは今や明白である。誤った方法で処方することにより,漢方薬にたいする信用と信頼を損ねさせることは,漢方薬を有効に用いようとしている医師たちや,病気からの回復を漢方薬に託している多くの患者さんたちにたいして,まことにもって無礼な所業であり,そのようなことをするのであれば,いっそのこと漢方薬など処方しないでいただいたほうがありがたい。しかし,今まで知らなかったから失敗をしてしまったというのはある程度は仕方がない。漢方医学においては,じっくりと指導してくれる医師がどの病院にもいるわけではない。独学でやるしかないことも多い。そのさいに教科書というべきものが必要であるが,あまりマニアックな書であっては読んでいる暇がない。なにを読んだらよいのかわからない.このような意見に答えようと思ったためである。

5)“高齢者漢方医学”のすすめ
いつの時代でも主流は社会的強者であり,高齢者をはじめとした社会的な弱者は顧みられないことが多い。現在では,高齢者を社会的弱者などといえば批判をうけそうであるが,医学の領域のみをとってもみても,各大学に高齢者(老年)医学専門の診療科ができたのはごく最近のことである。
この趨勢を反映して(?)か否かはわからないが,漢方医学に関する書物においても,高齢者を専門にターゲットとしたものは少なかった。そこで,今回は高齢者を専門とした漢方の医学書を書いてみようと考えた。
著者は社会学者ではないので詳しいことはよくわからないが,かなり以前より“高齢化社会”などといわれ,また,高齢者の医療費の増加は,世界有数の金持ち国家をもゆるがすほどの問題の様である。高齢者のQOLのこと,末期患者のターミナルケアのことなどは,実際の医療の現場でも問題になっている。
これらの問題にたいして,すべて漢方のみで解決がつくというような妄想を述べる気は毛頭ない。しかし,先人たちが遺していってくれた“漢方医学”という知識が,問題解決の一部を担ってくれるのではないかと考え,本書を執筆した。



目次

Ⅰ.総論 漢方治療を行うにあたって

CHAPTER 1   序
1)薬(向精神薬)浸けになっていたAさんの話
2)思わぬ副作用に驚いたBさんの家族の話
3)“病名漢方”で処方する医師たち
4)本書を執筆しようと思った理由
5)“高齢者漢方医学”のすすめ

CHAPTER 2  漢方治療のメリット
1)なぜ高齢者には漢方薬による治療がよいのか
2)「心身一如」と「未病を治す」
3)漢方薬にたいする誤解

CHAPTER 3  漢方医学の基礎―高齢者の特性を中心に
1)「証」「陰陽虚実」などの基本的概念について
2)「気・血・水」について
3)「腎 虚」
4)「胸脇苦満」
5)漢方医学における診察法について
6)高齢者の特徴と頻用処方

CHAPTER 4  漢方薬を使用するさいの注意点
1)一般的な注意
2)副作用と禁忌について


Ⅱ.各論 高齢者にみられる疾患を中心に

CHAPTER 5   脳血管障害後遺症
1)一般的な治療法と漢方治療について
2)漢方薬の用い方

CHAPTER 6   うつ状態
1)高齢者のうつ病(うつ状態)と漢方薬
2)うつ状態にたいする漢方薬の用い方
3)高齢者のうつ状態の治療に用いる機会が多い漢方薬
4)抗うつ薬と漢方薬の併用

CHAPTER 7   不眠症(睡眠障害)
1)“不眠症”とその治療について
2)不眠症にたいする一般的な治療と漢方治療とのちがい
3)高齢者の不眠症の治療に用いる機会が多い漢方薬
4)漢方薬と向精神薬の併用による不眠症の治療

CHAPTER 8  うつ・不眠以外の精神症状
1)うつ・不眠以外の精神症状にたいする薬物療法と漢方薬
2)不 安
3)興 奮
4)不定愁訴

CHAPTER 9  冷えと疼痛
1)冷え(冷え症)の治療について
2)冷えと疼痛
3)食事について
4)冷え症
5)腰 痛
6)坐骨神経痛
7)変形性膝関節炎(膝痛)
8)肩関節周囲炎(五十肩)
9)その他の疼痛

CHAPTER 10  便 秘
1)「便秘」にたいする一般的な治療と漢方治療との ちがい
2)漢方薬の用い方の実際
3)食事について

CHAPTER 11  感冒・気管支炎(呼吸器疾患)
1)一般的な治療と漢方治療とのちがい
2)感冒にたいする一般的な漢方薬の用い方
3)気管支炎にたいする一般的な漢方薬の用い方
4)高齢者の呼吸器疾患に漢方薬を用いるさいの注意

CHAPTER 12  泌尿器疾患
1)泌尿器疾患にたいする一般的な治療法と漢方薬
2)前立腺肥大症
3)尿路結石
4)腎 炎
5)膀胱炎(尿道炎)
6)排尿異常
7)夜間尿
8)無症候性血尿

CHAPTER 13  ターミナル
1)ターミナル医療における漢方薬の役割
2)ターミナル医療における漢方薬の用い方
3)末期患者に用いる機会の多い「補剤」について
4)化学療法や放射線療法の副作用にたいして用いる 漢方薬
5)疼痛のコントロールについて
6)末期患者にたいする精神医学的アプローチと漢方薬

CHAPTER 14  その他の疾患
1)アレルギー性鼻炎(花粉症)
2)胃 炎
3)胃腸虚弱(胃下垂)
4)陰 萎
5)嘔気・嘔吐
6)肩凝り(首凝り)
7)肝炎・肝機能障害
8)気管支喘息
9)下痢(腸炎)
10) 眩暈(めまい,たちくらみ)
11) 口 渇
12) 高血圧
13) 口内炎
14) 湿疹,掻痒感
15) しびれ
16) 食欲不振
17) 頭 痛
18) 全身倦怠感(易疲労感)
19) 盗汗(ねあせ)
20) 動悸(頻脈)
21) 凍傷(しもやけ)
22) 糖尿病
23) のぼせ症
24) 白内障
25) 肥 満
26) 貧血傾向
27) 浮 腫
28) 慢性関節リウマチ
29) 耳鳴り

CHAPTER 15  方剤一覧
方剤一覧

<巻末付録>
慶大式胸脇苦満評価尺度
各々の項目の評価方法について
「胸脇苦満」のケースカード(簡易版)
「胸脇苦満」のケースカード

参考文献

方剤索引
用語索引